結婚は年貢の納め時

結婚は年貢の納め時とか結婚は人生の墓場であるなどと言われる事があります。
どちらもあまりいいニュアンスの言葉ではありませんよね。
では実際のところ男性が付き合っている相手と結婚を意識するのはどんな時なのでしょうか?
今まで付き合った中で一番愛している相手だから、運命の相手だという理由で結婚に至るケースは
実は少ないのではないでしょうか?

実際には最初に付き合った相手が一番好きだった・・・・とか、今思うと3番目の彼女が一番よかったなと
思い返す事があるはずです。しかし当時はもっといい出会いが将来にはあると思っていましたし、
まだ学生だったり、就職したばかりで誰かを養うなんて考える余裕がなかったと結婚するタイミングでな
なかったのかもしれません。ですが20代後半から30代前半になると友達の結婚式に出席したり、
また両親がそろそろいい人いないの?孫の顔が見たいなどと結婚に対するプレッシャーをかけてくるわけです。

そしてとの時に付き合っている恋人ともうそろそろ自分も結婚する年齢だからという理由で
結婚をするのかもしれません。もちろん好きだから付き合っているわけですが、だからといって結婚をするのなら
絶対にこの女性じゃないとダメという訳でもなく結婚するタイミングで付き合っていたからするのです。

もっと露骨な例では結婚を意識していたわけではなく先に女性が妊娠をしてしまい、
その責任を取るという意味で出来ちゃった婚をする人もいるかもしれませんね。
もちろんどんな理由であれ結婚して幸せな家庭を築いているのなら何も問題はありませんが、
若い頃に出来ちゃった婚で結婚する夫婦は離婚率も高いというデータもありますから、相手と結婚しようという意思がないのなら
避妊は必ずするべきでしょう。